時計(オレンジ)



プロフィール

山あるきSEI

Author:山あるきSEI
SEI  & LOVEです

宜しくね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

【ハンゲーム】

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

***SEIとLOVEの山小屋日記&農***
本館「山あるきSEI」もヨロシクね(SEIとLOVEの日記)
針ノ木峠~針の木岳~扇沢(北アルプス)
   IMGP5959.jpg

             針ノ木小屋(夜明けの展望)

                   7日は疲れも手伝って早い眠りに着いた
                   深夜、雨粒が屋根を打つ音も消えて夜空には星明りも見ることが出来ます

                   夜明けの窓越しに見えたのは雲海に浮かぶ富士山だ

                   寝床を抜け出し外に出ると!
                   数人の山家さんがカメラを片手に展望を楽しんでいます

                   AM6時山頂を目指し歩き始めました



    IMGP5964.jpg

             朝日に照らされた針の木岳

                    昨日の天候と変わり真っ青な空が広がっています
                    朝日に照らされ登山道を飾る景色・・・
                    草紅葉の色が岩肌とコラボしハイマツの緑が際立ち綺麗だ



    IMGP5966.jpg

              針ノ木岳山頂(Sei~Su-さん)

                     素晴らしい展望が広がっています
                     北アルプスの尾根が連なり富士山を始め山の大将が鎮座してる

                     標高差1400m強を登って来たご褒美を堪能しまくります・・・笑



    IMGP5967.jpg

             三角点のSu-さん&Gonちゃん

                      今日も二人はすこぶる元気だ
                      山々を眺めて取り出した地図を手に山名を確認しています

                      眼下には黒部ダムを見ることが出来る
                      25分の休憩を楽しみ山頂を後にしました



     IMGP5973.jpg

               針ノ木小屋(Gonちゃん~Su-さん~Sei)

                       小屋まで下りて朝食を取るために休憩します
                       広がる展望は食事を高級にしてくれた
                       
                       30分ほど休んで下山開始
                       切れ落ちた谷筋の道は緊張感を強いられるが!
                       沢から吹き上がる心地いい秋風に送られて無事に扇沢に着きました

                             詳しい記録は後ほどHPへUPいたします

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yamaarukisei.blog59.fc2.com/tb.php/2302-64fa8a1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)