時計(オレンジ)



プロフィール

山あるきSEI

Author:山あるきSEI
SEI  & LOVEです

宜しくね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

【ハンゲーム】

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

***SEIとLOVEの山小屋日記&農***
本館「山あるきSEI」もヨロシクね(SEIとLOVEの日記)
2017年 初登山は(藪漕ぎ)
  P1000509.jpg

              今日はいわき市に在る湯の岳へ登ります
              低山を楽しもうと登山道を使わないで藪漕ぎをしました・・・笑



  P1000511.jpg

             浮石の多いガレバを登ります
             ラーク と叫び声が聞こえる方角を見ると大きな石が落ちて来る
             次の瞬間 危ない と 危機一髪岩を除ける姿が在りました



  P1000526.jpg

            今回の藪漕ぎで一番の発見が「大ケアキ」です
            5人でも回らないくらい幹の太さが在りました
            木肌艶もよく美形の巨木は人目に触れることもなく佇んでいます
            何百年もの歳月を此処の地で下界を見渡し見守っていたのでしょうね~



   P1000537.jpg

            山頂に着くと鉄塔が数基ありました
            車でも山頂近くまで来れる山ですが敢えて藪漕ぎをして見つけた発見は多く
            道なき道を探してルートを選び山頂に着いた時の満足感は格別な物でした



   kakudai

            野ばらに拒まれ危険なガレバを通過して傷だらけになりながら着いた山頂です
            左から「Gonちゃん~Sei~Su-さん~Haruさん」満足感がいっぱいでした
 
            車デポ地をAM10:10分に出て山頂に着いたのがPM12:15分です
            25分の休憩後 山頂を後にした

            下山ルートも当然藪漕ぎです
            地図を見つめ GPSを覗き 急な斜面をできるだけ避けて沢を下るなど・・・

            人が入り込むことが出来ないような場所に見つけた小屋や石垣!
            なんでここに竹林が在るのかなどなど発見の多い山登りでした・・・笑

            Su-さん Haruさん Gonちゃん また藪漕ぎを楽しみましょうね~
                                         
                                    詳しい記録と動画は後ほどUP致します

                                                  Sei

           湯の岳   藪漕ぎルート

スポンサーサイト

コメント

楽しそうな里山行ですね。

そっちまで阿武隈山地繋げるのは、いつのことでしょう?
[2017/01/10 16:37] URL | タッシー #- [ 編集 ]


>そっちまで阿武隈山地繋げるのは

 楽しみ方っていっぱいありますね~
 里山も工夫次第で新発見が在り楽しめました。
[2017/01/10 17:01] URL | 山あるきSEI #k9d4iSjU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yamaarukisei.blog59.fc2.com/tb.php/2135-95d8f8ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)