時計(オレンジ)



プロフィール

山あるきSEI

Author:山あるきSEI
SEI  & LOVEです

宜しくね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

【ハンゲーム】

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

***SEIとLOVEの山小屋日記&農***
本館「山あるきSEI」もヨロシクね(SEIとLOVEの日記)
信州の旅(善光寺)
「牛に引かれて善光寺参り」は有名なお言葉ですね!

    IMGP0878.jpg

  「善光寺の御本尊様は、一光三尊阿弥陀如来像です。中央に阿弥陀如来、向かって右側に観音菩薩、
   左側に勢至菩薩が一つの光背の中にお立ちになっています。しかし、御本尊様は絶対秘仏で、
   今日そのお姿を拝むことはできません。

   『善光寺縁起』によれば、善光寺如来様は、遠くお釈迦様在世の時にインドで出現なさったと
   いわれております。その後、百済にお渡りになり、欽明天皇十三年(552年)、日本に仏教が
   伝来した時に、百済より贈られたと語られています」
                                    善光寺HPより抜粋いたしました



     IMGP0877.jpg

     牛の置物がありましたが・・・? 
     なぜかシマシマのうしでした・・・笑



    IMGP0875.jpg

      善光寺境内



     IMGP0879.jpg

       「山門(三門)重要文化財

       寛延三年(1750年)に建立された二層入母屋造りの門です。屋根は大正年間の葺き替え時に
       檜皮葺きとなりましたが、平成十四年から十九年にかけて行われた平成大修理において、
       建立当時と同じサワラの板を用いた栩葺き(とちぶき)に復原されました。
       楼上には輪王寺宮筆の「善光寺」と書かれた額が掲げられています。
       これは通称「鳩字の額」と呼ばれており、3文字の中に鳩が5羽隠されています。
       更に「善」の一字が牛の顔に見えると言われ、「牛に引かれて善光寺参り」の
       信仰を如実に物語っています。」
                                       善光寺HPより抜粋しました



     IMGP0882.jpg

         牛に引かれて善光寺参り
         初めての参拝で神妙な面持ちのSei・・・笑

         漆黒の闇の回廊で極楽浄土を願う「善光寺お戒壇巡り
         「信州長野にある善光寺は、7年に1度の前立本尊の御開帳があることでも
          知られていますね。
          その善光寺本堂の床下には、一筋の光も入ることのない暗闇の中を巡る回廊があります。
          回廊の中ほどにあるご本尊の下にかかる極楽の錠前に触れば、極楽浄土が約束されるとか。
          ならばと、来世の御利益を願うべくお戒壇巡りにチャレンジです。 」
                                                   善光寺HPより

          回廊は真っ暗で手探りで進みます
          壁つたいに進むと出口手前にカシャカシャと触ると音がする錠前が在り・・・
          お~~ これだ と 念入りに触り極楽浄土を願って来ました。          

          初めての善光寺参りです
          善光寺は、誰でもお参りできる無宗派の単立寺院で、年間を通じ多くの参拝者で賑わっています。
          ぜひ一度は行ってみたいお寺さまですね!




         
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yamaarukisei.blog59.fc2.com/tb.php/1595-6dddd1e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)