時計(オレンジ)



プロフィール

山あるきSEI

Author:山あるきSEI
SEI  & LOVEです

宜しくね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

【ハンゲーム】

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

***SEIとLOVEの山小屋日記&農***
本館「山あるきSEI」もヨロシクね(SEIとLOVEの日記)
山小屋の事
昨日のこと山小屋で木株を切り倒したがチインソーの刃がこぼれたのか!

切れ味が悪く熱を持って煙が出てくる始末です


      其処で刃のメダテを素人ながら挑戦することになった・・・笑

      mono58101714-130314-02.jpg

      ヤスリを買ってメダテの角度を調整する工具も購入する


            koogu.jpg

      角度とヤスリの位置を固定する台座もゲットして目立て開始・・・

         なかなかスムーズにヤスリが動かない

         棒やスリの場合押して研磨すると説明書きが在る ん~ なるほど!

         悪戦苦闘の末に何とか目立て完了ですが時間オーバーの為に切れ味は未確認だ!・・・笑



スポンサーサイト
コレステロール
定期検診でも血圧が少々高いと言われた以外に

     悪いところはないのだが!


  aojiru2.jpg

     お世話になってるところの関係者様から勧められて

        「はつらつキトサン宣言」なる青汁をゲットしました


                  国産の大麦若葉を使用してる特定保健用食品です

                   血液が綺麗になるなら最高と飲んでみることになりました。

                   此でウルシにも負けないど= 意味違うか・・・苦笑


 
いい湯だな・・・
硫黄川(安達太良山)は山に行かなくても景観が好きで行った場所だ。

数年前までは茅葺きの小屋がありいっぱい写真を撮った記憶があります


IMG_2513_20130626071612.jpg

   湯ノ花の採取が今でも続けられてて硫黄の臭いが周りに立ちこめてました

       そんな場所の側を流れてるのが硫黄川です

       川には温泉のパイプラインに送り込まれてるお湯の溢れた温水と・・・?

       湧き出てるお湯が合わさり丁度良い湯加減(季節により温度差あり)でした



       IMGA0061.jpg

             川で寛ぐ事が出来る源泉掛け流しの温泉です

           IMGA0062.jpg

                所々に溜まり場(深い)がありお湯に浸かることが出来ます

                ただ公に認められてる場所では無いと思うので・・・?お勧めは出来ません

                下山帰りに足湯程度が良いのかなと思われます

                良い湯・・の・・感想でした  ※ 道も条件が悪く安全では在りません

                訪れるときには登山道を必ず利用してくださいね!  Sei




安達太良山登山(周回コース)
IMGA0002.jpg

梅雨の晴れ間に安達太良山登山を計画した 
登るなら周回コースと沼尻登山口から入り船明神山~安達太良山~鉄山~胎内潜り~
そしてお楽しみの掛け流し温泉は(硫黄川で入浴)源泉が流れる川でした 
下山最終コースには白糸の滝が間近に観れる絶景の場所を通り登山口へ辿る。

IMG_2414.jpg IMGA0021.jpg 船明神山の登りは急登で滑り大変だがマガリタケが在る
                             為に楽しみな登山道です・・・笑

IMGA0029.jpg

  安達太良山 山頂(Gonちゃん~Shunさん~Eikoさん~タッシーさん~Sei)


      IMG_2474.jpg IMG_2490.jpg IMG_2496.jpg 

        ☆ 沼ノ平        ☆ 鉄山避難小屋    ☆ 岩の上のSei



   IMGA0041_20130625071145.jpg

     鉄山 山頂にて!(Eikoさん~タッシーさん~Shunさん~Gonちゃん)



   IMGA0045_20130625071154.jpg

     プロペラの碑でカヤッと記念写真です

     ここまで来ると登山者の少ない稜線歩きを楽しむことが出来る

     船明神山から馬ノ背の分岐までは登山者は数名しか会うことがなかったが・・・

     鉄山と安達太良山の稜線にはアリの行列の様に登山者の姿が見えます

     
   IMG_2516.jpg


      私達は周回コースの下山路にある胎内潜りを楽しみ硫黄川へ下る

      源泉の湧き出る吹き出し口からはモクモクと蒸気が上がる光景が見えた

      AM8:30分に登り始めて下山はPM4:10です

      途中で大休憩や入浴タイムを含めて7時間40分のコースタイムでした

              楽しい記録は本館へUP致します・・・Sei。。。




山小屋へ集合!
日曜日は山へ行くために土曜日は山小屋へ集合した

気の合う仲間が集まればお決まりの宴会が始まります

少々早いが飲み始めたのが午後を回ると同時だ!・・・(笑)

IMG_1977.jpg

   集合したメンバーが向かう先は山菜採りです


 IMG_2402.jpg IMG_1971.jpg

 ☆ 今日は何故か寒いので熱燗を飲むべと気合いが入る(やかんの中は日本酒)  ☆ 漬け物&ピクルス


IMG_1970.jpg IMG_1975.jpg IMG_1973.jpg IMG_1979.jpg

  牛タンのサイコロ焼    ウインナー       網焼き      此は食べ物ではない・・・?


   IMG_1983.jpg  IMG_1980.jpg

   小さなキノコがいっぱい出てます     何故か今日の山小屋は寒いです


   毎日 気温が高く蒸し暑い日が続いてたのに上着を着ないと寒い!

      釜戸に火を焚いて寒さをしのぎながら泡を頂くが早々と小屋に入りました

      明日は沼尻登山口から登り船明神山~安達太良山~鉄山~胎内潜り~白糸の滝コースを予定してる

      コースタイムは6時間30分で休憩を入れると7時間強のコースです 

      早く宴会を終了して眠りに付くはずが最終はPM10時になったようだ・・・?

      Seiは早い撃沈で寝た時間が記憶にありません 皆さん明日の登山を楽しみましょうね! Sei
  

 
山小屋の風呂(水漏れ)
山小屋の風呂が壊れたようだ

風呂に水を張っても5時間くらい経つと水位が一気に下がる

二日後には殆ど無くなってしまうのだ


P6200015.jpg
    
     山小屋に咲いてるオダマキソウ


     P6200018.jpg P6200020.jpg P6200021.jpg

       今日は職人さんに修理を頼みました
       作業開始から観てるとタイルをハズリ水漏れの部分を露出させる!

       剥がした後に特殊な補修材で埋めてゆく、作業時間は朝から始まりPM4:30迄かかった

             手際よく行程を進める流石にプロの腕前と感心して作業を見守った

             作業が終わると二日間は風呂を使うことが出来ないと言われて・・・ 

      P6200016.jpg  ん~~ 週末の土曜日はギリギリかな・・?

                  22日は山小屋泊で23日は仲間と登山の予定なのだ。。。

      

能登の美味しい食べ歩き!
能登巡りは・・・

浜辺で美味しい物が在れば立ち寄り食べて観る!

IMG_0032.jpg

    海の幸が並ぶお店に行けば お~~  美味そうだと食べる


    uvs130619-001.jpg

          ***  生カキw食べるSei   ***


           uvs130618-002.jpg  DSCF1525.jpg  IMG_0040.jpg

          ☆ 千里浜の定食        ☆ 海の幸膳      ☆ 海鮮丼


          行き先々で頂く物は新鮮な海の幸がてんこもりでした。


  uvs130618-001.jpg uvs130618-003.jpg


     ☆  ホタテにサザイの壺焼   ☆               ☆  イカ&貝焼  ☆


     とにかく食べて飲んで初日は16時間飲みっぱなし

     二日目は流石に胃袋も疲れたのか飲むペースも食べるペースも急ブレーキです・・・(笑)

     それでも旅の中で勃発した男気ジャンケンで!

             勝った「男気ある」人から次々と飲食物が出て来るのだ

             皆さん楽しい旅 ゴチでした    wwwwwwww 

   
能登半島めぐり
16~17日は能登半島巡りです

バスの旅は磐越道~北陸道から金沢森ICを下りて

      千里浜へ(バスで海岸の砂浜を走ります)

       IMG_1943.jpg  ***  浜辺にある碑   ***


DSCF1493.jpg

      ☆ ☆  千里浜で砂の像を造る方です  ☆ ☆ 


                  そこから気多大社へ参拝して千枚田へ移動した


IMG_1952.jpg

   千枚田は棚田で数が多いので千枚田と言われることと

       「狭い田」からの転と言う節もあるようです

            一番狭い田は0.2平方メートルほどです

       IMG_1949.jpg  IMG_1947.jpg IMG_1959.jpg

          海岸線       世界一長いベンチが在る浜    輪島の夕日

       二日目はお泊まりの宿「高州園」を出発して朝市へ

            七尾の能登立山シーサイドラインを通り・・・

            国宝の端龍寺を拝観した 昼食ご北陸道から磐越道を戻り

                   能登半島めぐりを終える  記録は後ほどUP致します  Sei





柳のオブジェ
柳の大木の枝を下ろしたのが昨年の秋だ!

    その木に新芽が出ました


    P6130002.jpg   ☆ これぞ柳のオブジェ ☆  (笑)



    台風などで枝が折れて落下するのを避けるために下ろした木・・・

         新芽が出てみるとなかなかの見栄えがするではないか!


      yanagi.jpg


              チョット画像を加工してみました

              手を広げたモンスターに(見えないかな)・・・苦笑


                       此は自然の生命力の強さを感じる柳事件である。。。



キャリア取り付け完了
キャンピングカーに取り付けるキャリアが届きました

早速取り付けて見ると!

 IMG_2389.jpg

    ***  これが今回ネットでポチったブツである  ***


    次に検討するのがBOXを取り付ける事です

    バーを下げて乗っけるのが一番だが丁度良いのが見つかるか・・・?

    それとも直接スキーを固定できるか模索してみよう、楽しみな一日になりそうです。



飯森山登山(鉢伏山)
iimori.jpg

    ***  中央が飯森山  ***


    残雪の見える飯森山へ日中ダム登山口から登りました

    
   IMGA0131_20130610072011.jpg

    ***  登山口のSadaさん~Haruさん~Gonちゃん  ***

    スタートはAM6:15分 まだ日射しも弱く快適に山頂を目指します

    ダムから登る急坂が続き見晴台とは名ばかりのポイントを通過するが稜線は未だのようだ!



   IMGA0166_20130610072020.jpg

    ***  鉢伏山のピークです  Gonちゃん~Sadaさん~Haruさん   ***


     後方に見える飯豊山は尾根が真っ白に輝いてます

     登り始めてから5時間が経過して鉢伏山へ此処から飯森山までは往復3時間弱を要する

             「時間は休憩も含む予想です」

     時刻はAM11:15分 目的地の飯森山へ行くか否かの緊急会議が始まりました・・・笑

         この続きは本館へ近日中にアップいたします     Sei


            ※ 黒い虫の大群と暑さに打ちのめされた楽しい登山記録です




雨上がり
昨日までしおれてた花が今朝は瑞々しい

      雨上がり

            いいね~  生き生きとしてます



      hana


     土手に植えた花なので疎らであるが気持ちの良い顔を魅せてくれた

          此からは雨が降らなくてもいい顔を見せていただけるように散水をこまめに(笑)



キャンピングカー「キャリア」
キャンピングカーへ取り付けるキャリアを探してました

カー用品店を巡っても対応できるキャリアが見つからないのでネット検索!


    kyaria.jpg

     在りました

     此はバイク用キャリアですが取り付け部を改造すればルーフBOXを付けることが出来る

     幅が190cmのワイドハイルーフの車に170cmのBOXを付ければ・・・

           私のスキーは十分に収納がOKです

             と 言う事で昨日ポチりました・・・笑   納期は2~3日後かな! 

                 
日本が5大会連続W杯出場!
サッカー・ブラジルW杯アジア最終予選B組(4日、日本1-1豪州、埼玉)
FIFAランク30位の日本代表は豪州代表(同47位)と引き分けて同組2位以内が確定し、
5大会連続5度目のW杯出場を決めた

P5270006.jpg


  いや~ 酔いましたね~   スポーツバーと化した行きつけの飲食店で観戦してた

   客席は予約でいっぱいです 満席のお店では一喜一憂の試合に歓声とどよめきが沸き起こる!

   日本が後半37分に先制を許した時は 「あ~~~」と言う声と溜息が漏れた。

   しかし後半のロスタイムに本田がPKを決めた時 お店の中はウオーと爆発したのです

            お店の客が一つになった瞬間   

   画面に釘付けで無意識に飲んでた為か焼酎二本目も空になる勢いでした・・・笑

   
秘密基地で山菜採り
wara.jpg

    レジーナの森近くにある秘密基地へ山菜採りに出かける

         林道脇には既に二台の車が止めてあった。


      IMG_1923.jpg     IMG_2344.jpg      IMG_1920.jpg

       ☆身を隠す二人        ☆何してる            ☆山へ入り


       山へ入ると良い感じのワラビがニョキニョキ出てます

           タッシーさんは藪漕ぎの名人 太いワラビをいっぱいゲットした

           Gonちゃんはヘビが出てこないかと恐怖の山菜採りで藪に入らない・・・笑

              Seiは数で勝負と太さや背丈を関係なく採るのでした。


   IMG_1925.jpg

    此は前日採ったブツで二日目に採ったワラビの写真を撮るのを忘れました・・・苦笑

             上記写真の倍は在ったでしょうか・・・? 楽しい藪こぎでした。


   R0011966_rotenburo.jpg

    ☆ ☆  源泉掛け流しの壺湯に浸かるSei~タッシーさん  ☆ ☆


         ぼかしが欲しいカメラアングルですみません。

            羽鳥湖高原レジーナの森で二日間を過ごした至福のキャンプでした



Kの集い(羽鳥湖高原)レジーナの森
kyanpu.jpg

  第8回 KATO MOTOR オーナーズミーテングが羽鳥湖高原で開催されました

           全国から50台のキャンピングカーと100人以上の参加者が集う!


      IMG_1915.jpg IMG_2336.jpg IMG_2335.jpg

      オーナーズミーテングが始まるのはPM4:00からだ

          その前に暖機運転ならぬ胃袋の予行演習と軽く宴会を始めました・・・笑


    IMG_1927.jpg

    PM4時に特設会場でオーナーズミーテングが始まりました

         開催者からのご挨拶の後に乾杯をしてジャンケン大会など催されました


    IMG_1934.jpg 私の車を担当してくれましたMeguroさん

                   会場では忙しげに動き会を盛り上げる姿がありました。


    レジーナの森は都会と化し林の中に並んだキャンピングカーと行き交う人で賑わう

         KATO MOTORの皆さん参加者の皆さん有り難うございました   Sei