FC2ブログ

時計(オレンジ)



プロフィール

山あるきSEI

Author:山あるきSEI
SEI  & LOVEです

宜しくね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

【ハンゲーム】

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

***SEIとLOVEの山小屋日記&農***
本館「山あるきSEI」もヨロシクね(SEIとLOVEの日記)
マーボ豆腐

    
       行きつけのお店で!
             酒のあてに食べたマーボ豆腐が。。。


    DSC_020117.jpg

                  一口食べると なんだこれ~


                        之がマーボ豆腐・・・?

                            ビックリ味に箸が止まらない・・・笑

                                 間違いなく次も 酒のアテは 之 だな!

                           
スポンサーサイト



えだまめ(農)

   DSC_020120.jpg

                 時期をずらして蒔いた枝豆の実入りが悪い!
                 秋に食べる為に作付けしたのは「あおばた豆」です

                 やはり枝豆は夏場に食べるのが一番なのかな

                 いやいや諦めずに待とう
                 期待の味・・・月末には試食します・・・笑


いいとこ福井(3日目)

   P101091973.jpg

                  旅の最終日は三国港 北前通りを流して
                  みくに龍翔館に来ました

                  三国は九頭竜川の河口にあって日本海に面することから、
                  古代から越前国の玄関口としての役割を担い、
                  物資が集散し人々が往来する港町として大いに栄えました。
                  その地理的条件や歴史的な背景の中で育まれた三国ならではの独特な
                  文化を紹介し、学術的な研究によって位置づけ、
                  文化遺産を一堂に集めた博物館として建設されたのが、「みくに龍翔館」です。
                  
                                          みくに龍翔館 HPより



    P101091982.jpg

                  大阪と北海道の間の日本海を交易した和船 「北前船」

                  正面玄関を入ると中央に北前船が展示してあります
                  この船で海運を担っていたのかと思うと先人の偉大な力を感じました



   P101091985.jpg

                  4階のベランダからは360度のパノラマで
                  眼下の街並みや白山~日本海までの景観を一望できます



   DSC_011902.jpg

                  次の行った所は帰路に在る東尋坊です
                  名前は聞いていたので分かりますが初めての場所だ

                  駐車場から続く商店街は観光客であふれています
                  人波に沿って海岸線に出ると奇岩が迫り観光船の行き交う光景が目に入る



   P102000193.jpg

                  断崖に日本海の荒波が打ち寄せる景色で知られる国指定名勝東尋坊。
                  約1キロメートルにわたり豪快な岩壁が広がっています。
                  このような輝石安山岩の柱状節理が広範囲にあるのは、
                  世界に3ヵ所ともいわれ、地質学的にも大変貴重な場所です。

                                        板井市 HPより




   P102019008.jpg

                  断崖絶壁に立ってみましたが腰が引けています・・・笑

                  後方に見える島は「雄島」です
                  雄島は海岸線に在る駐車場より橋を渡り行くことが出来ます



    P102019028.jpg

                  雄島に渡り鳥居の前で写真を撮る

                  島では釣り人が多く見られます
                  釣り具を担いで島の裏から帰ってくる釣師の姿も在りました

                  残す寄り道は「越前加賀県境の館」です
                  
                  石川県・福井県境の吉崎において、
                  越前加賀地域に点在する豊かな宗教文化資源である
                  「蓮如」や「鹿島の森」「戸田城聖生誕地」を結ぶ散策ルート
                  「吉崎・塩屋ルート」の情報発信となる施設です

                              あわら観光協会 HPより

                  正午を回り腹も減ったと名物の「ソースカツ丼」を食べようと
                  お店を探すも見つからづ加賀ICから北陸道に乗りました

                  最初に現れたSAで食事をすることに成ります
                  しかし旅に出る前に下調べした
                  ソースカツ丼とは似ても似つかない 物が出てきた!

                  素晴らしい旅の最後に食べ物で撃沈の巻です  (笑)

                  長距離の旅にも関わらづトラブルもなく美味しい料理にあり付き
                  贅沢三昧の二泊三日でした

                  全ての計画を立てて頂いたSu-さんありがとうございます
                  皆さんお疲れ様でした           Sei



いいとこ福井(2日目)

  P1010910.jpg

                福井2日目は七間朝市からスタートです
                寺町通りから越前大野城などを眺めて散策を楽しみました



   P1010921.jpg

                結ステーションでは湧水で沸かした美味しいコーヒーを頂き
                小高い丘に見える城を背景に記念写真を撮ります




   P1010931.jpg


                天正3年(1575)、織田信長は、金森長近と原政茂の両名に命じて、
                大野郡の一向一揆を収束させました。
                その恩賞として、大野郡の3分の2を長近に、3分の1を
                政茂に与えたといわれています。 翌年、長近は亀山に平山城の城郭と、
                その東麓に、大野が「北陸の小京都」と呼ばれる所以となる、
                短冊状の城下町をつくり始めました。

                                        大野城史より


   DSC_009180.jpg

                一乗谷 朝倉氏遺跡を訪れた

                福井市の南東約10キロ、一乗谷にある朝倉氏遺跡は、
                戦国時代に朝倉氏五代が103年間にわたって越前の国を支配した城下町跡。
                武家屋敷・寺院・町屋・職人屋敷や道路に至るまで町並がほぼ完全な姿で
                発掘され、国の重要文化財・特別史跡・特別名勝に指定されています
            
                                           朝倉遺跡HPより


   P1010957.jpg

                復元された町並みには武士の姿をした人や!
                伝統工芸品を売る店などが並んでいます

                当時の衣装に着替えて動いている様を見ると
                戦国時代にタイムスリップしたような感覚になりました


   P1010966.jpg

                栄華を極めた城下町の街並みを一周して
                道路を挟んだ対面の遺跡群へ足を延ばした

                しかし暑さと あまりに大きな面積の遺跡を全て回ることは?
                山肌に見える光景を遠望して次の場所へ移動します・・・笑

                

   DSC_010180.jpg

                うるしの里会館~めがねミュージアムと訪れて
                今日の宿「いたもと」へ到着です

                宿では新鮮な魚介類が所狭しと並ぶ料理にチョー満足です
                風呂は源泉かけ流し温泉で疲れが癒されました
              
                長旅の二日目も無事に完結です



いいとこ福井(1日目)

  DSC_07067.jpg

  DSC_70068.jpg けんぞう蕎麦

                 14日のAM5:00に郡山を出発しました
                 長岡ICでSu-さんと合流して北陸道を福井県に向かいます

                 お昼時を回ったところで永平寺町に在る「けんぞう蕎麦」へ
                 此処はチョー有名な蕎麦処だ

                 お店の前には長蛇の列が出来ています
                 それでも30分待ちくらいで!
                 風味豊かな越前蕎麦を食べることが出来ました


P1010801.jpg

                丸岡城が最初のいいとこです

                今も小高い丘の上の、石垣の上にそびえる丸岡城。
                外観は二階建てに見えますが、内部は三階建て(二層三階)となっていて、
                城内へは急な石段を登って入ります。

                 一階の壁には、「石落とし」や「狭間(さま)」を見ることができます。
                石落としは、ベランダのように天守から張り出していて、
                天守の石垣を登ってくる真下の敵に石を落としたり、弓や鉄砲を撃ったところ。

                                     上記の様に記されていました。


P1010809.jpg

                石垣の角のラインが素晴らしいと!
                解ってか意味深な話をする仲間の姿が在りました






  P1010862.jpg

                 そして永平寺「曹洞宗大本山」へ

                 大本山永平寺は1244年、道元禅師が45歳のとき、
                 波多野義重(はたの よししげ)公の願いによって、越前(福井県)に
                 大仏寺(だいぶつじ)を建立し、2年後に永平寺と改められたことに始まります。

                 深山幽谷の地にたたずむ山門(さんもん)、仏殿(ぶつでん)、法堂(はっとう)、
                 僧堂(そうどう)、庫院(くいん)、浴室(よくしつ)、東司(とうす) の
                 七堂伽藍(しちどうがらん)では、修行僧が道元禅師により定められた
                 厳しい作法に従って禅の修行を営んでいます。

                                    上記は永平寺HPより抜粋致しました


P1010866.jpg

                 寺の案内順に従って進みます
                 参拝者も多く清々しい気持ちで七堂伽藍を拝観しました

                 修行僧の姿も多く見られ壮大な歴史を感じます


      P1010897.jpg  越前大仏

                 越前大仏(清大寺)は、、奈良の大仏を上回る座高17m。
                 その左右に4体の脇侍仏、壁面には1,281体の諸仏が安置されています。
                 この他にも高さ75mを誇る五重塔、絢爛たる九龍壁、日本庭園などが在ります

                 清大寺は1987年に同市出身の故多田清氏が建立
                 その後は滞納市税を巡る件で差し押さえなども・・・

                 門前のお店は閉まっているところが多く閑散としていました

                 此処で今日の予定が終わり「俵屋旅館」へ行きます
                 風情ある建物は伝統と歴史の老舗の宿でした






ハチの攻撃

  DSC_012066.jpg

                 ツツジの木の周りを刈り払いしていると!
                 ハチの群れが襲ってきました

                 慌てて逃げ 刺されずに事なきをいましたがビックリです


         hati12.jpg

                  以前にも数回ハチに刺されて病院で言われたことは
                  「アナフィラキシー」が起こり、死に至ることもある

                  ハチの動きが無くなったのを見計らい
                  襲ってきた所に在った巣を駆除いたしました

                  今回はスズメバチなどの強敵ではありませんでしたが怖いですね・・・笑



育たない白菜(農)

   DSC_012061.jpg

                白菜の種を蒔いたが育ちません?

                畑に植え替える時期も迫ってるのに大きくならないのだ
                仕方なく農業ご用達のお店「トマト」へ苗を見に行きます

                お~~元気な物が揃ってると品定め
                白菜20個 キャベツ20個 を買ってきました

                来週には地植えする予定です・・・笑



藤の花

   DSC_011086.jpg

                春先に白い花を連なり咲かせていました藤の木が
                何故か小ぶりなピンクの花を上向きに次々と咲かせています

                春先は大きな白い花で下り藤でした

                隣りにも藤の木が在りますが花は咲いていません!
                色違いの花が季節を関係なく咲き続ける?不思議ですね~   

                ※ 調べましたら「二季草」と言って夏にも咲く様ですね! (笑)
                
無農薬野菜(農)

      無農薬野菜つくりを続けていましたが!
      雑草に悩まされて遂に除草剤を使ってみることに成りました

      torefua.jpg トレファノサイド乳剤

     DSC_07064.jpg

                 キャベツと白菜を作る為の畝たてをしました
                 其処に除草剤を散布します

                 ◾各種の畑作雑草に有効で、一年生雑草、
                  特にイネ科雑草に高い効果を示します。
                  トレファノサイドは一般的にイネ科雑草に高い効果を示し、
                  広葉雑草に弱い傾向があると記されています

                  今までは雑草と格闘しながら育てていましたが!
                  除草に追いつくことが出来なくなりました・・・笑

                  初めて使う農薬ですが成果を期待しています


小名浜埠頭に並ぶ太公望

   uvs190909-010.jpg

                久しぶりの海釣りは小名浜埠頭でした

                早朝より車も人も隙間が無いくらい並んでいます
                日差しが強く釣り日和と言うよりは行楽の小名浜漁港でした



    s3.jpg

                カモメが青空に舞い海原の魚を捕らい羽ばたく!
                イカやエビを付けて魚を誘うが釣れるのはフグばかりだ・・・笑



    s9.jpg

                空と海の青い空間に白い帆のヨットがゆっくりと進みます
                小名浜でヨットの姿を見るのは珍しい事だ



    s4.jpg

                竿を操るが手応えが無い 
                魚群の姿を見ることが出来ませんでしたが!

                時折 小さなサバの群れが波を作り泳ぐ姿がありました




       IMGA0161.jpg

                釣れないと飽きて眠くなる・・・笑
                
                サバを付けて泳がせ釣りでは脈はあるがダメだ
                生き餌は頭だけを残して姿を現します

                今日の釣果はサバ2匹 フグ数匹
                大物は姿を現すもタモを出すのが間に合わなく
                ハリスを切り逃亡いたします・・・苦笑

                久しぶりの海釣りは太陽の日差しを受けて楽しむことが出来ました